アンサンブルクライス | 古今の美しい名曲をお届けします

BLOG

ブログ

2019/12/30

演奏会

2019年6月30日(日)第23回定期演奏会

いよいよ開演です リハーサル 宇野徹哉先生 リハーサル リハーサル リハーサル 奥田和さん ソプラノ アルト テノール バス 第一部 ソプラノ ソプラノとアルト アルトとテノール テノールとバス 第一部終了しました 第二部の演奏が始まりました ソプラノ テノールとバス 山下未紗さんの独唱 アルトとテノール アルト アンコール アンコールも無事に終了しました

今回の演奏会のテーマは、後半に演奏いたしますミサのタイトル「二つの世界」。
二つの世界とは…
バロックの時代と現代、ヨーロッパ大陸とアメリカ大陸、北半球と南半球、東洋と西洋、暑い国と寒い国、昼と夜、この世とあの世…usw*。
自分の周りが世界の全てでは無い!
見えない場所にも世界はあり、そこには自分の知らない世界がある。
そんな事を感じて頂けたら嬉しいなぁ!と思っております。
また、写真や映像で無い「生」の景色は現地に行かないと見る事は出来ませんが、音楽はドイツへ行かなくても、アルゼンチンに行かなくても、楽譜がここにありそれを奏でさえすれば、このトッパンホールに間違いなくバッハが、そしてキンターナが存在します。
そんな事も素敵な事実として感じて頂けたら嬉しゅうございます。
今までのクライスの演奏会での曲目に関しては、主宰の吉田さんが原案を作られ、それを私が承認する事が多かったのですが、今回は私の大好きな曲ばかりをオーダーさせていただきました。
団員の皆さんには、多少ウエイトが厳しいかとも思いましたが、何とか歌いこなしてくださるでしょう。
そう言う意味では合唱団の底力が備わってきたと言えるでしょうね!
今回は新しいメンバーもたくさん加わってくださいましたし…!
そんな訳で、本日の演奏会どうぞご期待くださいませ。
ご来場、誠にありがとうございました。
あ、アンコールも是非お楽しみに…(#^.^#)

アンサンブルクライス指揮者  宇野徹哉


*注) usw=und so weiter…等々(ドイツ語)

一覧へ戻る